そもそもメラニンって何者?体への影響を考える

夏が近くなると紫外線とともにキーワードとして挙がってくるのがメラニンです。では一体どのような物質で、そもそもどのような働きをしているのでしょうか。


実は重要!メラニン色素の働き

肌のためには悪いもの、と思われがちなメラニンですが、実は肌のためにはなくてはならないものです。動物や植物、一部の菌類が持つ色素のことで黒色と肌色の2種類に分けられます。

 

日本人は黒色の方が多いため髪の毛や瞳の色が黒くなっています。そして白髪が生えるのはメラノサイトを生成する幹細胞が衰えるからです。

 

紫外線を浴びるとできる色素としても知られていますが、基底層という表皮にある部分のメラノサイトにより生まれます。

 

メラノサイトが刺激を受けることで生まれるのですが、理由はこれ以上肌に刺激を与えないためです。

 

UVなどの外部刺激はDNAを変性させるなど害を織りなすものですが、それをブロックするために生まれる色素なのです。

 

ですから皮膚がんなどの病気、トラブルを防ぐためには紫外線から肌を守るメラニンは欠かせないのです。

メラニン色素はなぜ生まれるのか

色素が生まれる過程を見てみましょう。紫外線など肌が刺激を受けるとケラチノサイトが刺激されます。するとメラノサイトにプラスミンというメラノサイト活性因子が伝達し、チロシンによってメラニンを生み出すのです。

 

ケラチノサイトにどんどん蓄積されていくのですが、過剰に作られると色素沈着が起こります。これが日焼けの仕組みです。

 

基本的に紫外線を浴びてメラニン色素が生まれても、肌のターンオーバーとともに剥がれ落ちていきます。

 

ですから色素沈着は起こらないとされるのですが、過剰な刺激が用量をオーバーするとシミなどの原因となってしまうのです。

 

ほかにも間違ったスキンケア、たとえば叩く、こする、衣類やアクセサリー類との摩擦などによっても刺激が生まれるため肌黒くなりやすいです。また妊娠中の方も色が黒ずみやすいと言われています。


メラニンとシミの関係は年齢にあり!?

なぜ紫外線を浴びると日焼けするのかはわかりましたが、なぜメラニン色素によってシミが生まれるのでしょうか。

 

一般的に色が黒くなりやすい人はメラノサイトが活発に働いています。詰まりUVから肌を守る力が強く、元々色黒の人が多いです。

 

一方白色人種や色白の人はUVによって肌が水膨れを起こしたり赤くなったりします。つまり肌が弱いのですが、メラノサイトの働きが色黒の人より低いせいです。

 

ではメラニン色素が正常に作られれば肌トラブルは起こらないのかと言うとそうではありません。人の肌は28日周期で生まれ変わり、絶えず新しい細胞が作られ古い細胞は捨てられます。

 

ですから黒い色素も排出されるのですが、20代を過ぎたころから新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーも乱れていきます。すると古い角質が肌にとどまり、紫外線により過剰に作られた色素も肌の上にとどまり続けるのです。

 

すると色素沈着を起こし、肌老化が進み、やがてシミやしわ、乾燥といったトラブルが起こってしまうのです。

 

肌の衰え、老化は止めることはできませんが、UVカットなどを行えばスピードを緩めることはできますし、UVの影響を和らげることはできます。

 

メラニン色素の影響を受けず、紫外線から肌を守るためにも、日々UVケアを怠らないようにしましょう。